普段授業で伝えているような内容を書いていきます。

旧ブログへのリンクを貼っておきます。興味のある方はどうぞ。〜2013.6.23

もっと古いのはこちら。〜2011.5.25

2018年

2月

15日

朋有り。遠方より来たる。亦た楽しからずや。

Yeah Man!

聡明舎20周年ということでわざわざ三重県松坂からお祝いのお花を持って駆けつけてくれた川口先生。しかもお祝いのためだけに笑。ハンパないっす!3年前まで講師をしてくれていたのですが、当時も横浜の聡明舎に埼玉から毎授業通ってくれてました。こういう普通の人の損得勘定で動いていない人ってたまにいます。でも、そういう人も決して損とか得をまったく考えていないわけではないのです。そういう人の損得勘定の軸ってどこにあるのかを考えてみるパラダイムシフトって大事です。その人と同じように考えることはできなくても、自分の物の見え方が全てではないことに気づきます。そうやって、自分の考えに疑問の視点を持つことは視野の広さにつながります。

川口先生は今は松坂で「鈴明舎」という学習塾をやってます。聡明舎と同じように理想の学習環境を目指して頑張ってます。別の場所でやっていても同じ目的に向かう仲間です。こういう仲間とたまに会って話をすると自分自身の気づきにつながったり、刺激になる。お祝いと合わせて感謝です。Big Up!RINMEISYA!

 

 

もりすえ

2018年

2月

07日

儀式の垂れ流しをやめよう

Yeah Man!

 

思考する上で常に頭の中においておきたいモノの見方って幾つかありますが、その中の一つが「儀式の垂れ流しになっていないか」という目線。特に毎日ルーティーンワークのように行われるものに対しては常に持っておきたい。それら日々の活動は、きっと儀式のように同じことを繰り返すことが目的ではないはずです。僕らで言えば授業。挨拶、話、復習、演習…などなど、ともすると簡単に儀式的活動になってしまうモノがたくさん浮かびます。一日のあらゆる活動で、儀式の垂れ流し的な行動を無くそう。自分のその行動は目的に向かっているのか?

 

 

もりすえ