国の宝

Yeah Man!





yahoo、マイクロソフト、SONY、博報堂…

今をときめくイケイケの大企業。

その中にあって、唯一と言っていい有限会社の聡明舎が並びます。

滋賀県の水口東高校の修学旅行でのイベント、企業訪問先の企業のことです。

聞く企業聞く企業、僕が訪問したいくらいの大企業が並ぶ中、

13人の生徒さんと1人の引率の先生が

聡明舎を選び企業訪問に来てくれました。

教育や勉強に興味のある生徒さんたちです。





教育ってすごいです。

たまたま教育業についているので、

より実感するのだと思うのですが本当にすごい。


教育が関係しているのは学校や塾のような仕事に限った話ではありません。

どんな仕事でも教育は必要です。

教育が会社をつくるのです。

教育が組織の文化をつくり、それをまもります。

教育は人をつくるということです。

つまり、会社に限らず、

教育は国をつくり、世界をつくるということです。

でかい風呂敷広げているようですが事実です。


そう考えれば、子供は国の未来です。希望であり光です。

大人よりも素直で好奇心に満ちていることが多いです。

人生で残されてる時間も大人よりずっと多い。

つまり可能性に満ちた原石です。

学校や塾の仕事はそんな未来の可能性に直接アプローチできる仕事です。

すんごいことです。

責任も大きいですが、とてもやりがいのある楽しい仕事です。


そういう仕事に興味を持っている子供となると、

これはもはや言葉にするのが難しいくらい貴重な国の宝です。

そんなお宝の原石がやってくることになったのですからこちらも気合が入ります。


いやいや、いい生徒さんたちばかりで驚きました。

普段の先生との関係性もよく表れていました。

いい関係性と距離感を感じました。





われわれ聡明舎にとってもすごくいい機会でした。

まず、彼らから刺激をもらえるということ。

彼らにいろいろ話をすることで改めて身が引き締まる思いがします。

そしてもう一つ。

それは教室がとても綺麗になるということ(笑)

本来は日常であるべきですし、普段から気を使ってないわけでないです。

でも、本当に綺麗になります。


企業訪問、悪くないな~。っていうか良いです。





もりすえ