根本からが大切です

Yeah Man!





中学生が定期試験間近です。

今日もたくさんの質問がきました。


わからない問題は答えを教えても何の解決にもなりません。

彼らは定期試験を自分で解かなけれなならないからです。

大事なのは解き方を理解すること。

つまり、納得することです。

こういうときはこう、

この言葉が出てきたら何算をすればいいという覚え方は

何の解決にもなっていません。

根本から納得、理解をすることで

何算をするなんていうのは自ずと決められるようになります。


納得さえしてしまえば、

数字を変えられようが、

多少問題を変えてこられようが問題なく対応できます。

むしろ、そういった違いのある問題、

見たことのない問題が楽しみになります。





つまり、僕達の仕事は答えを教えることではなく、

根本の理解と納得を与えること。

今日も、質問にきた生徒全員にそれができたとは言いませんが、

多くの生徒にそれができたと思います。あくまで主観ですが…。

それができたと感じる生徒に対して共通して感じることがあります。

それは、心のつながりです。

納得できた生徒の表情や雰囲気、質問から帰っていくときの感謝の言葉から

根本の部分での心のつながりを感じることができます。

逆を言えば、それを感じることができなかった生徒には、

根本からの理解を

与えてあげることができなかったということになると思っています。


答えではない、根本からの理解を与えてあげなければなりませんし、

それをきちんと提供できれば、

自ずと根本からの繋がりも築くこともできます。

やっぱり講師次第ってところが大きいです。





いずれにせよ、試験前は生徒達が欲しがってくれるので有難いです。

欲しがってくれれば、その需要に応えるのは講師の義務です。

普段は生徒に欲しがらせるのも講師の仕事なのでなかなか大変です。

欲しがってない生徒を欲しがらせるのはなかなか骨です。

せめて普段から欲しがってくれればな~。

ん!頑張ろう!





もりすえ