脳力が最高のときに勉強しよう

 

私の場合、仕事は週末に向かって忙しくなる傾向がある。

木、金、土と雪崩のようにやるべきことが多くなる。

 

 

集中力。これは常に、仕事や勉強の出来を大きく左右するが、疲れた状態ではどうしても集中力は散漫になってしまうものだ。

 

疲れた体、そして頭脳。

それを回復させるのは睡眠である。

 

 

睡眠はすばらしく、目が覚めた後はエネルギーがしっかりと回復している。

 

 

 

回復したての朝こそ、人間の脳はパワフルでクリエイティブ、そして抜群の吸収力を誇る。脳は昼、夕方と時間が経過するにつれて、機能が低下してくる。

 

 

朝こそ勉強をしよう。

 

 

ただ朝の脳にはエネルギー源が足りていない。

 

起きたらまずはヘルシーな朝食だ。

脳にエネルギーを注入して、ブオンっ、とエンジンを始動させるのだ。エネルギー源はブドウ糖だ。魚も頭にいい。

 

だから朝食抜きは絶対ダメ。

脳が活動しない。性能抜群なのにガソリンが入っていない車と同じだ。

 

 

目を覚まし、朝食を食べた後のあなたの頭には、一日の中でもっとも活動的な脳がある。集中力すらマックスだ。

 

 

それなのにその時間帯にやっていることはなにか?

学生諸君、いや社会人のあなた!!

 

テレビを見たり、携帯をいじったりしている場合ではない。

 

 

もったいない。

 

 

勉強するなら、絶対に朝だ。かの作家の村上春樹さんも、作品を書くのは午前中から夕方の14時までだという。

 

 

午前中の時間のあなたは最高にクリエイティブなのだ。

 

 

それなのにダラダラしている場合ではない。どうでもいいことに時間を使っている場合ではない。

 

 

君の脳は知識を欲している。勉強したがっている。学びたがっている。

 

朝の習慣を手に入れれば、人生が変わる。

 

 

 

私も最近、朝型にチェンジした。実際にやってみた結果の感想なので、私は自信を持って言える。

 

 

朝はいい。かなりいい。

 

 

 

朝起きる。顔を洗い歯を磨き、水を飲み、体操をして、栄養のある食事をとって、机に座り深呼吸をしたら、最高の「学習マシン」と化した自分自身のセット完了である。

 

 

 

あとは目標に向かって、目の前の課題に取り組むと良い。

 

 

 

最高の自分に、最高の学習のチャンスを与えてあげよう。

 

 

 

まつを