ためるとつかう

Yeah Man!

 

 

 

 

お金は大事です。

社会で生きていくために必要です。

お金を使うことで、

自分ではできないことを他人にしてもらうことができます。

少ないよりも多いほうが、

してもらえることの種類や量も増えます。

解決できる問題も増えます。

なので、目的に応じて、あるいは万一に備えて

貯めていくことも大切です。

 

 

 

 

 

知識や技術も同じように大事です。

知識がなければできない思考があり、

技術がなければできない問題解決があるからです。

もちろん、それらは少ないよりも多いほうが

思考の幅と深さが増し、

解決できる問題の種類や量も増えるはずです。

なので、それらを自分の中にためていくことは

自分自身の能力向上の一つと言えます。

 

 

 

 

しかし、お金も、知識や技術も、ためることは

目的達成あるいは能力向上の過程であって、

それそのものが目的ではありません。

 

大事なのはそれらをどう使うか。

つまり、お金であれば、

目的達成のために自分ではできない何を他人にしてもらうのか、

知識や技術であれば

どんな思考をするか、どんな問題を解決できるか、

ということです。

 

 

 

 

学校や塾のような教育機関は子供に知識や技術を提供する場なので

それらをためることだけが目的にならないように、

それを使った思考や問題解決を意識させることが大切です。

 

 

 

 

今日も夏期講習です。

意識して提供していこうと思います。

 

 

 

 

 

もりすえ