抽象度を高めると、きっと同じですね

 

 

 

最近、めちゃくちゃ面白いCDを聴いている。

 

 

 

海洋冒険家の白石康次郎さんと喜多川泰先生との対談CDである。

 

「晴耕雨談」

 

 

 

半端じゃない。めちゃくちゃ面白い。だから絶対、聴いた方がいい。大人もそうですが中学生や高校生にこそ、聴いて欲しい。

 

 

 

もちろん生徒にも勧めよう、と思っている。

 

 

 

生徒には聞きかじったことを授業の中で伝えてもいいんだけど、本人が伝えるのと、第三者が伝えるのとでは違うんだよな~とも思う。

 

 

 

 

「ブルーハーツの曲はボーカルの甲本ヒロトの声だからいいだよ」というのと同じ感覚ですよね。

 

 

 

 

それでも伝えるし、歌いますが。

 

 

 

食事によるダイエットは、食べる物をかえることによって体質が変わる。食べた物が体に置き換わって、体の成り立ちをかえる。これは思考にも、いやこれからのイメージにもそう。耳にする言葉が変わることで、考え方の体質も変わるでしょう……

 

 

…なんてことを書こうと思ったけど、そんなの関係ないですね。

 

 

 

 

 

面白いから聴く。

 

勧めるのは本当に面白いから。これ以外ない。

 

 

 

 

 

あと最近、本当に興味深いのは、栗城史多さんのエベレスト挑戦のfacebook

 

 

 

 

これは、いい!!

 

 

 

 

日本人の平均寿命は83歳くらいです。短いです。しかも、体が自由に動く時期を考えたら、もっと短い。

 

 

 

エベレスト、興味あるけど、僕は行けないし、多分行かない。行っても麓まで。

 

 

 

「冒険の共有」

 

 

 

栗城さんがよく言ってることですね。

 

 

 

 

人生は冒険だ、とはいうけれど、どんだけ冒険できてるかなー?面白いことやれてるかなー?わくわくすることやれてるかなー?

 

 

 

死ぬときにもってもっていけるのは、死んだことないけど、様々な思い出だけじゃない?

 

 

 

白石さんも、栗城さんも、海、山の冒険家ですね。

 

 

 

「具体的な海の山の冒険いいね」の抽象度を高めると、「冒険いいね」となる。

 

「具体的な山の頂を目指すこと、世界を船で一周してゴールすること」の抽象度を高めると、「それぞれの目標に向けて行動すること」となる。

 

 

 

海も山も、きっと楽じゃないし、苦しいこともいっぱいある。

 

でもわくわくしてるのが伝わってくる。

 

 

 

きっと目標をもって行動している人も、きっと楽じゃないし、苦しいこともいっぱいある。

 

 

 

 

でもわくわくしている。

 

 

 

 

そんな大人に生徒たちにはなってほしいし、そんな大人になっていたい。

 

 

 

だからこそ「晴耕雨談」はめちゃくちゃおすすめです。

 

 

 

 

まつを

 

 

 

 

11月12日(土)聡明舎 親学塾 at 10:00 - 12:00

 

 

ぜひ来てくださいね。