みんなの秘密組織

Yeah Man!

 

 

 

 

突然ですが、聡明舎には秘密組織なるものが存在します。

(言ってる時点で秘密なのか…)

その名も「理科だいすき倶楽部」。

(こだわりの強い創始者なので字があってるか心配)

つまり、

理科好きによる、理科好きのための、理科をより好きになる集いです。

 

 

 

 

手前味噌ながら、

聡明舎には元気で有能、アイディア豊富なスタッフがたくさんいます。

そのうちの一人が発足した秘密組織です。

時に徹底的に問題を解き、時に実験もしてしまうこの組織。

今日は5時間授業みっちりの中3のタイムスケジュールの中、

業前業後に再結晶の実験をしていました。

校舎のカウンターに無造作に置かれた

普段飲用に使われているガラスコップには、

尿素が刺々しく再結晶していました。

 

 

 

 

5時間みっちりの授業を受けたにもかかわらず、

倶楽部に参加する生徒たちの顔には疲れなど微塵もなく、

嬉々とした表情が張り付いていました。

 

 

 

 

創始者曰く、受験問題に出る実験ばかりを選ぶのは趣味ではない。

 

しかし、時期が時期なので

そこは趣味をいったん鉾に収めて実験を選択していること。

そりゃ、受験前に試験に出る実験を経験していることは

それだけでアドバンテージと言えるでしょう。

 

しかも、それらの実験を、身近ないつも使っている道具を用いて

事もなげに行うところがなんとも粋なところです。

 

 

 

 

こんなエピソード記憶とともに受験を迎えさせ、

理科好きをさらに好きにさせて、

ひょっとすると人生さえも変えてしまうかもしれない、

秘密組織「理科だいすき倶楽部」。

こんな組織に15歳にして出会えた幸運な子供たちにある意味嫉妬です。

 

 

 

もりすえ

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    nao (土曜日, 24 12月 2016 12:09)

    秘密組織、理科大好き倶楽部。
    名前だけでわくわくしてしまいます。

    受験をものともしない創始者さんの趣味ではないというお言葉は非常に考え深いです。


    中学の頃、受験のための勉強で、学校でノートをとるのも課題を出すのも興味ありげに先生の話を聞くのも、すべて高校合格への成績を上げるためでした。
    なので、こういった実際に肌で感じれる場があるというのは非常に羨ましい限りです。



    理科のみならず興味あることにとことん熱中できるようなそんな人たちが増えていったらなと思います。


    突然のコメント失礼しました。