人の振り見て…

Yeah Man!

 

 

 

 

人が一生見ることのできないもの。

それは、自分の顔です。

鏡や映像にとることで見ることはできますが、

それはあくまで間接的に見ているにすぎません。

眼が前についている以上、直視することはできないのです。

 

何が言いたいかっていうと、

それくらい人は自分のことを客観的に見ることが苦手です。

いや、多くの人を巻き込んではダメか。

僕は苦手です。

 

 

 

 

自分が認識している自分像と、

他人から見た自分像はきっと違いがあります。

小さいものから大きいものまでいろいろと。

どちらが本当の自分なのかという哲学的な話は置いといて、

世の中には自分が認識していない、

あるいは受け入れていない自分像が存在する可能性が高いです。

 

その存在に気付けるのは誰かが伝えてくれた時だけです。

自分像を撮れる映像機器はありませんし、

自分像が映る鏡もないからです。

他人から見えてる自分像からしか知るチャンスがないのです。

なので、これは非常に貴重な意見ということになります。

ところが、これを受け入れるのが難しい。

いや、本当に難しい。つい、反論が口から出ます。

そりゃそうです。自分の認識している自分像と違うのですから。

誤解を解きたいという自分や間違いを正したい自分が現れるのです。

 

繰り返しになりますが、

どちらが誤解でどちらが間違いかはひとまず置いといて、

その存在を知ることが大事と思います。

なぜなら、知ればそれ以降は間違いや誤解につながらないように

気をつけて人と接することもできるからです。

間違いや誤解はそうやって修正するしかないと思います。

だから、身に付けたいのは

受け止める柔らかさというか、広さというか、深さ…です。

なんとか自分の跳ね返してしまう硬さと狭さと浅さを克服したい。

未だ途上中です。

 

 

 

 

一方で、他人のことはよく見えます。

やけに冷静に良い面も悪い面も見つけることができます。

こうすればいいのに、ああすればいいのに、

と、改善点も見えてきます。

「人の振り見て、我が振り直せ」とはよく言ったもので、

そんな時は自分のことに置換してみるチャンスです。

他人の良いと思うところを自分は持ち合わせているか。

他人の悪いと思うところを自分もやってはいないか。

どうしたら身について、どうしたらなくすことができるのか。

そうやって自分像をもう一度見つめ直せば、

自分が認識できる自分像の幅が増えそうです。

そして、それに伴って受け止める力も少しは向上しそうです。

 

最終的には自分像の統合が図れれば一番いいんですけどね。

そこを目指して歩むしかなさそうです。

 

 

 

この考えは個人に対してだけでなく、

会社や組織単位でも同じだと考えてます。

自分たちの認識する組織像と、

他人から見た組織像にはきっと違いがあります。

 

目指すは組織像の統合です。

目標を掲げ、現状を認識し、ギャップの修正という努力を図る。

具体的には

受け入れる力を身につけつつ、

他の組織に対して見えてくることを自分たちの組織に置換する。

個人でやれたらいいこととまったく同じ。

 

やるしかないですね。

 

 

 

 

 

もりすえ