オチのない話

Yeah Man!

 

 

 

 

瀬谷のマックでアイスコーヒーを買って、

高校部に向かおうとした道すがら、

しっかりとしたヘルメットをかぶり、

ワイシャツをパンツにしっかりINし、ネクタイを締め、

あたかもNYでオフィスワークに勤しんでいそうな異国の方が、

自転車にまたがり、僕に近づいてきました。

しかも満面の笑み。

 

「あれ?ひょっとしてオレ話しかけられる?」

「知り合いだっけ?…いや知らない…知り合いだったらヤバイ、全然わかんね」

「っていうか、道聞かれる?英語しゃべれないー」

 

様々な思考が頭を巡ります。

なぜかどれもネガティブ思考。

どうする?オレ。

 

 

 

 

「その髪形すごくナイスだね~!」

その異国の方は口を開くなり

満面の笑みでロン毛を束ねた僕のお団子を指して話しかけてきました。

超流暢な日本語。

「何年くらい伸ばしたの?」

 

「ああ、これ?1年半くらいかな~?いい?まあ、ありがと」

 

「いや、すごくナイスだよ~」

 

そんなやり取りをして別れました。

異国の方は終始笑顔。

女性がナンパされる時ってこんな感じ?

男性からはもちろん、女性からの通称逆ナンも経験のない僕としては

かなり貴重な経験でした笑

ひょっとして僕だけかもしれませんし、

ナンパ慣れしてないからかもしれませんが、

笑顔で褒められるって初対面の方からでも決して悪い気はしません。

 

 

一緒に授業をやってる子供達であればなおのこと、

笑顔で褒められれば悪い気はしないだろうな~と思うわけです。

 

大事なことを教わったこの話に多少尾ひれをつけて

子供たちを笑顔にする話にしようと思ったわけです。

 

 

 

 

 

もりすえ