希望ではなく決断

Yeah Man!

 

 

 

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

 

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

 

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

 

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

 

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

                  マザーテレサ

 

 

 

 

聡明舎に通う生徒の多くはたくさん努力しています。

もちろん個人差はありますが、

忙しい生活の合間を縫って努力の時間を作っています。

特に高校生は小中学生よりも現実が見える年齢ですから

より忙しい生活の中で、より多くの時間を使って頑張っています。

 

しかし、

毎年見ているとみんな一様に努力はしていても

結果は異なります。

おそらく、日々の過ごし方の違いは微々たる違いです。

(もちろんハッキリわかるような違いならすぐ直すべきです)

しかし、その微々たる違いが半年、一年、二年、、、と積み重なり

結果に大きな違いをもたらせているのです。

 

ほんの少しの違いを見つけてはなおし、また見つけてはなおし、、、

そんな修正の仕方も決して間違ってません。

しかし、それは終わりのない修正になるはずです。

相当な根気が必要です。なかなかしんどい。

ひょっとしたら、

違いを生み出している根本を変えたほうが楽かもしれません。

 

違いを生み出す根本の一つは思考だと思います。

結果につなげる努力をする人の多くは思考の段階で

「こうなったらいいな~」という希望的な思考はあまりしないようです。

希望的な思考ではなく「自分はこうなる」と決めています。

そして常に、

そのためにはどうすればいい?いつまでに何をすればいい?と考えています。

そして、その思考に端を発して、

日々の生活、あるいは努力の仕方の微細な違いをたくさん生み出すのです。

その微細な違いとは、

言葉であり、行動であり、習慣であり、性格であり、運命です。

 

どうやら運命は振り回されるものではなく、

自分の思考を起点として生み出していくもののようです。

今日も、「勉強もできるいいやつを育てる塾になる」と決めて

子供達やスタッフと接します。

 

 

 

 

もりすえ