喜多会

Yeah Man!

 

 

 

 

先日、一年に一度の喜多会(卒業生が集まる会)が実施されました。

毎年、いろんな年度の卒業生が集まります。

 

卒業生の中には、社会に出て活躍している子たちも増えています。

お父さんやお母さんになっている子も増えてます。

なにせ一期生はもう34歳です。

最近の喜多会では、そういった卒業生に

各々のフィールドで頑張っていること、

あるいは戦っていることを話してもらったりもしています。

 

そういえば、今年の会には

聡明舎で出会って、付き合って、この秋結婚した、

なんていう報告をしてくれた二人もいました笑。

 

 

 

 

今年の喜多会は

最初に喜多川泰の話、

二番目に日産自動車に勤める卒業生(女性)の話、

最後に自分が話をする機会をいただきました。

なかなか豪華なラインナップっす笑

 

僕が話したのは

ここにも書かせてもらった「勉強もできるいい奴」への道です。

彼らの原点でもあります。

もう卒業して何年も経つし、

聡明舎も進化し続けているので、

伝える手段は少しずつ、しかし確実に変わってはいるけど、

伝えている本質、伝えたい本質は何も変わっていないということ。

そしてそれは、大人になったり、大学生になった今だって、

目指すことはできるし、目指して行動すべきだということ。

さらに、大人になった今だからこそ、

より大切にすべきなんじゃないかということを伝えました。

 

その表情からは昔と変わらず、いや大人になり、

子供の時以上に様々な問題や悩み、不安と直面しているからか、

現役塾生のときよりずっと真剣に話を聞き、

しかもそれが響いているように見えました。

 

何より驚いたのは、

日産自動車勤務の卒業生のしてくれた話が

本質のところでほぼほぼ重なる形でリンクしていたことです。

後から出て行って、伝えるのが楽でした。

楽させてもらえるなんて、孝行卒業生です笑。

 

 

 

 

その後の懇親会でも

いろんな卒業生と話ができ、たくさんの刺激を受け取ることができました。

嬉しいと同時に負けてられんという気持ちも湧いてきました笑

 

また来年、何か伝えれらるものを作っていくような

アクティブな一年を過ごそうと思います。

とても素敵な会です。

 

 

 

 

 

もりすえ